このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月01日 五辻のこんぶろぐ

今日は芸能の中に見られる昆布をご紹介したいと思います^^
昆布は昔から人々の暮らしに登場するものでした。当初は朝廷や寺院への献上品でしたが、時代が下がるにつれて昆布を売って歩く専門の職も出てくるようになりました。

そんな昆布売を題材にしたものが狂言の「昆布売」という演目です。
舞台は京都、北野天満宮へ向かう途中の侍と昆布売の二人が登場します。最初は侍の方が身分が上ということもあり、昆布売に文句ばかりを言いますが、最後には怒った昆布売が侍に昆布を売らせるという下剋上的な結末です。

天神さんが舞台ですが、うちのお店とはなんの関係もありませんよヾ(・ω・`;)ノ

狂言はコミカルな舞台芸術で伝統芸能の中でもとっつきやすいジャンルです。
特に京都を拠点に活動する茂山千五郎家のお豆腐狂言は狂言に普段なじみのない方でも楽しめるように工夫されているので一度観劇されてはどうでしょうか?

1378349_1538510359758583_4374381272829370689_n

オンラインショップでお買い物『五辻の昆布』の老舗の味をお届けします。ギフトにもご利用ください。
075-431-0719
お問い合わせはこちら
© 2017 京都西陣の味 五辻の昆布/創業明治35年の老舗/昆布の販売店・お土産通販 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット
先頭へ戻る